車の損害保険にはみなさんも既に知っているかと思いますが等級という略称で呼ばれる数字付けドライバーに対してつけられます。省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度といわれ、月々の掛金に多大に影響しています。等級というのは、車の保険への加入者のフェアな料金設定を保つことを目的とするため、事故を起こしてしまう可能性、自動車の損害保険を使用する現実性がより高ければ高いと認められるほど月額の掛金が増加します。アクシデントを起こす現実性があまりなく、クルマの損害保険を使われるとはあまり考えられない利用者は、低リスクの被保険者であるだろうと判断され月額の掛金が低廉になります。安全に乗用車を利用する被保険者の人がそうでない人より有利な機構であるのでアクシデントを発生させやすい運転者には多少デメリットのあるシステムだと考えられます。等級という制度は、良い加入者と事故の可能性が高いドライバーの保険の掛金が同額だとフェアでないと思ってしまう客が大多数なので会社としてもリスクを押えるためにどうあっても欠くことのできない決まりだといえるのです。そこで、等級というものは一体どういった仕組みなのか簡単に概説しようと思います。第一に等級の数には1等級から20等級まで設定されており、被保険者の等級が増加する毎に保険料が値下げされる機構になっていることを押えましょう。さらには、1等級から3等級については割引されず逆に保険料は値段が上がり、自動車事故を起こし、自動車保険を使用すると3等級下がってしまい、一層負担がかかる車の保険を振り込んでいくことになることを避けられません。最後に、まったく新規で自動車の保険に申請する場合は6等級よりスタートになり、その等級から自分の級が下がるのか上がっていくのかはドライバーの実績によります。だから月々の掛金を低くしたい方は、アクシデントを防ぐために余裕を持った運転に気をつけるのがまずは一番近道です。