突然出あってしまうのが車の事故です。この場面でどんな風に判断するかにより保険料の支払金も相当大きく変わる場面もあるので間違えない考えと対応力が大切です。思っていないアクシデントに動揺してしまったならば重大な工程を見過ごしてしまい、その先損を受ける場面もありますので乗用車の事故をした場合には適切に次に記述した行動するようにするとよいでしょう。事故をした状況で最初にするべきは怪我人がいるかどうかの確認です。後すぐは動揺して呆然としてしまうことがありすぐに対応できないのが普通です。その場合、負傷者がいた時に危険じゃない場所に移動して処置をして周囲に助けを求めるなどを行い救助の優先に努めることが大事です。119番に連絡する場合には明確な場所を知らせて、分からない場面では辺りのよく知られているスーパーや交差点を伝えて地点が判断できるようにします。その後警察に連絡し交通事故があった事と簡単な状況を連絡します。救急車とパトカーが来るのを待つ間に事故相手のことをチェックします。名前、TEL番免許証番号、ナンバープレート、相手側の保険会社名という各々の身元を交換します。その場面で相手側に非がある状況では現場でやりくりしようとする場合が考えれますが即刻やり取りするのではなく、どういった場面であれ警察署や自動車保険会社に知らせて、平等に確認してもらう事が必要です。それぞれの情報を言ったら交通の障害にならないように障害物を道から除去します。どうしても妨げになった物が他の人の自動車の障害物になっている状態では、各々の情報交換をするより早くこれをしても問題は起こりません。あなたの入っている保険会社に電話を入れ交通事故を起こしてしまった事を報告します。自動車での事故から特定時間内に保険屋さんに連絡を入れないと車の保険の適用除外にされる場合もありえますので極力速やかに電話を入れることが必要不可欠です。可能であれば事故内容の証拠になるようにカメラや携帯電話のカメラなどを用いて状況や事故車の破損箇所の写真を撮影しておきます。その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決める時に大きな証明となるので、己の愛車や先方のクルマの破損を全て証拠に残しておいてください。この場面で第三者がいるのであれば警官や自動車保険会社の人が駆けつけるまでその場にそのまま待って頂くように話しておくことも忘れないようにしてください。